コンビニの店員が私の顔を覚えたら・・・。私は行く店を変える。

公開日:  

私は人付き合いが苦手です。
どれくらい苦手かっていうと、店員さんに話しかけることができません。

「すいません。それください」の一言が言えません。

これを買おうかな、って店で物色していても、
店員さんが、「何かお探しですかぁ~」って話しかけてきたら
「いえ、別に」と言って、店を後にします。

そんな私の買い物は、もっぱらコンビニ。

でも毎日のように仕事帰りに同じ店に行くと、同じ店員さんがいたりします。

で、毎日のように、

「○○、ふたつ」って注文していると、私の顔を覚えてしまった店員さん。
私が言いだす前に、「○○、ふたつ・・・?」って聞いてきます。

その笑顔に応えるために、ニッコリ笑って「はいっ!」って答える私。
いい娘(こ)なんだぁ。
きっと人気の店員さんなんですね。

その次の日から、そのコンビニには行かなくなりました。
ごめんなさい。

半年後、駅からそのコンビニのある出口にたまたま出て、
つかれていたのもあって、久しぶりにそのコンビニに行きました。

レジにはやっぱりあの娘。
さすがに覚えていないでしょう。

レジに向かって商品をレジに置き、
「これと・・・」と言いかけると、
「わぁ~、お久しぶりですね。え~っと、○○でしたっけ?」

うわぁ。

ほんっとにいい娘。

「さいきん、勤務時間が変わったんですよ~」と、つまらないウソをつく私。

ごめんなさい。
それから3年程、そのコンビニは利用しませんでした。

本当にごめんなさい。

でも大丈夫です。
その娘は、私のようなどうでもいい客ひとりを減らしたかもしれませんが、
その明るさと聡明さを武器に、
何十倍、ひょっとしたら何百倍のお客さんとファンを獲得したことでしょう。

変な客で本当にごめんなさい。
(こんな客のことなど、もう覚えていないでしょうけど)

店員さんも仕事だから、私みたいな客にも一生懸命接客してくれる。

私もそんな店員さんに応えるために、一生懸命いいお客さんを演じてしまう。

だからお店は苦手です。


スポンサーリンク